U様邸

築年数

約120年

建坪面積

15坪

建物形態

元寄席

BEFORE

AFTER

【依頼の経緯】

明治時代、築約120年の寄席を二戸一の住居に改装された家にお住まいだったお客様。

結婚にあたり、このお住いをリノベーションして住めないかとご相談を受けました。

弊社のことはホームページでご覧になったそうです。完成展示会にも来ていただき、そこでリノベーションの完成イメージが膨らんだそうです。

【ゾーニングにあたっての住宅R工房の考え方】

2階建15坪の狭小住宅、お風呂はほぼ外部に作られていました。収納もあまりありませんでした。

ユニットバス設置、収納の確保、明快なゾーニングを意識しました。

床下収納、玄関式台下にも収納を設け、収納量を上げました。

ゾーニングでは、キッチンにカウンター式テーブルを造作して、ダイニングキッチンとし、リビングと分けました。

縁側には洗濯物干しスペース、ご主人の書斎スペースを設けました。

【工事の進め方】

内装はすべて解体。土台周り、柱脚部には白蟻防止塗料を塗布。断熱工事、水回り内外の配管を新設、電気配線新設、内外部仕上げを行っています。柱や梁で補強が必要な箇所はきちんと補強を行っています。

ユニットバス設置にあたり、標準のものが取付けられない天井高さだったため、現場カットして納めています。

 

 

前のページに戻る